お金がない人の部屋には3つの共通点があった! P3

2019年4月13日

◆“貧乏神”は取りつくのではなく、自分自身がなるものである

 そして、せっかくなのでこのテーマをさらに掘り下げて、貧乏神が取り憑く

部屋になる行動心理についても見ていきたいと思います。

 どんな心理状態のときに貧乏神が取り憑きやすい部屋になってしまうのかも、

3つのポイントでまとめて見ました。

《“貧乏神”行動心理とは》

●特徴1 自分を犠牲にした行動が多い人

 片づかない状態を行動心理的な角度から考察した時に圧倒的に多い特徴が

自己犠牲です。

・人に気を遣いやすい人
・自分よりも他人を優先する人
・お願いされたら断れない人

 などなど。

 自分のことは差し置いて他人に尽くしてしまうような人が、

片づかなくなる傾向にあるのですが、誰かのために生きることは

とても美しいことではある反面、誰かのためを軸にして行動すると、

自己犠牲的な行動になりやすいのです。

 片づけとは秩序構成であり、生命を保つ行為。自分が犠牲になるということは、

その生命維持の原理原則から外れることを意味します。

つまり、自然の流れではないということです。

 他者のためを思っての自己犠牲の行動が続くと、必然的に家を空ける時間も

多くなり、貧乏神にも狙われやすくなるのかもしれません。

そして誰かのためにエネルギーを使うことで、家でいる時に自分の生命

エネルギーは確実に弱まっている状態となります。

 だからこそですが、エネルギーレベルとしては低いはずの貧乏神も、

追い出される心配をせずに、安心して住みつくことができるでしょう。




#大分市 #おそうじ #エアコンクリーニング #エアコン掃除 #ハウスクリーニング
#浴室 #おそうじ本舗 #壁 #染色 #クロス #トイレ #換気扇 #レンジフード
#ナショナル #ダイキン #日立 #パナソニック #お掃除機能付き #東芝 #シャープ
#三菱 #富士通 #浴室配管 #配管洗浄 #エアコン洗浄 #エアコン掃除 #分解 
#引っ越し #メンテナンス #空き部屋 #シンク #カビ #キッチン #鏡 #カガミ
#油汚れ #ヤニ #タバコ #別府市 #臼杵市 #津久見市 #豊後大野市
#杵築市 #佐伯市 #日出町 #追い炊き
ページトップへ戻る