お金がない人の部屋には3つの共通点があった!

2019年4月2日

先ずは貧乏神について

取りついた人間やその家族を貧困にする神。

日本各地の昔話、随筆、落語などに名が見られる。基本的には薄汚れた老人の姿で、

痩せこけた体で顔色は青ざめ、手に渋団扇を持って悲しそうな表情で現れるが、

どんな姿でも怠け者が好きなことには変わりないとされる。

家に憑く際には、押入れに好んで住み着くという(以下略)。


部屋が片づかないと悩む方の多くは“何らかのお金の問題”を、

抱えているケースが少なくありません。

・お金に困っている
・多額の借金がある
・お金にトラウマがある
・お金は入ってくるけどすぐに出て行って手元にない
・いつも自転車操業
・貯金がない

などなど。金銭的な問題があることで頭の中が混乱するあまりに、

物理的に片づかない状況が生み出されているケースが少なくないのです。

それらのケースを振り返りながら、“貧乏神”が取り憑いているような雰囲気を

醸し出す家に共通していることを、3つの特徴にまとめて見ました。




#大分市 #おそうじ #エアコンクリーニング #エアコン掃除 #ハウスクリーニング
#浴室 #おそうじ本舗 #壁 #染色 #クロス #トイレ #換気扇 #レンジフード
#ナショナル #ダイキン #日立 #パナソニック #お掃除機能付き #東芝 #シャープ
#三菱 #富士通 #浴室配管 #配管洗浄 #エアコン洗浄 #エアコン掃除 #分解 #追い炊き
#引っ越し #メンテナンス #空き部屋 #シンク #カビ #キッチン #鏡 #カガミ
#油汚れ #ヤニ #タバコ 
ページトップへ戻る