なぜか焼肉屋の焼肉テーブルの修理

2017年1月29日

突然焼肉屋の店主から、焼肉テーブルの煙が吸い込まない!?
何とかして…ください。大至急!!。 

私はハウスクリーニング屋ですが…。

と思ったのですが、たまたま休みでゆっくりしていたので、早速作業服に着替えて出動。

状況は、焼肉の煙が吸い込まれないで部屋に充満していました。

状況からこれはハウスクリーニング屋の仕事ではない…。 と思ったのですが、昔とった杵づか

分解して調べたところ、ダクト火災を防ぐ安全装置の温度ヒューズが溶断していたのでした。

交換できる部品がないから、はんだで応急処置の溶着修理。

無事修理完了。

昔は半導体製造装置を修理していた経験が生きたのでした。

しかし、店主はどうしてハウスクリーニング屋なら修理できると思ったのでしょうか?

たぶん、油汚れが原因だとおもったのでしょう。

ともあれ無事営業開始ができました。

めでたし、めでたし。
ページトップへ戻る