大丈夫! なんとかなるさ

2016年7月4日

一休は他界する直前、

「この先、
 どうしても手に負えぬ深刻な事態が
  起きたら、この手紙を開けなさい」と、

弟子たちに1通の手紙を残した。

果たして数年後、

弟子たちに今こそ師の知恵が必要という
 重大な局面が訪れた。

固唾を呑んで開封した
 彼らの目に映ったのは次の言葉だった。

「大丈夫。心配するな、何とかなる」

ーーーーーーーーーーーーー

「大丈夫。心配するな。何とかなる」

それがどんなに深刻な問題でも、
 時間が全てを解決してくれるということ
 でしょうか。

「この仕事は俺にしかできない」なんて話も
  よく聞きますが、そんなこともまずありません。

 ほとんど全ての事柄が「何とかなる」
  何とかなっているものなのです。
ページトップへ戻る