気がつけば、家にいる時間が楽しくなっていた

2017年8月25日

それに、以前は家にいると憂鬱な気分になることが多かった。でも、断捨離をするようになってからは、家の中で流れていたズッシリと重たい空気がスッキリと晴れて、いいエネルギーで満たされているような気がする。これは、以前、 風水の本を読んで模様替えした時の感覚とは、全く別次元の話。環境の力って、こんなに大きかったんだ…と改めて体感することができた。

 

そして何より、1番変わったのは私自身の気持ち。今の状況に、必要以上に焦ったり、虚しさを感じたりすることもなくなった。それは、断捨離をするとそういった気持ちがスッキリと晴れていくことを経験から知っているから。「自分は誰からも必要とされていなのではないか…」と思うこともなくなった。だって、夫が私との会話を必要としてくれているのを日々感じられるから。それに、夫だけじゃない。私たちが仲良くなったことで、子供も家の中でよく笑うようになった。

 

それどころか、最近はお隣のご夫婦からも「どうしていつも、そんなに笑顔でいられ るの?」と聞かれることもあるくらい。人を妬んだりすることも少なくなった。もちろん、時にはイヤなことが起こったり、嫌いな人に出会ったりもする。でも、必要以上に気にしたり、クヨクヨしたりこともなく、いい意味で楽天的でいられるようになった。嫌な気持ちを引きずることなく、すぐにいつもの私に戻ることができるるようになったのは自分でもビックリ!先日、友達から「何だか変わったね、強くなったね!」と言われたのは、すごく嬉しかった。
ページトップへ戻る